園の花 常念寺保育園 あかるく ただしく なかよく
     
 

令和三年 10月のお知らせ

保育園からのお知らせ
 
 

 こおろぎや鈴虫たちの音楽会も今が最高潮。きれいな澄んだ音色に、小さな耳を傾けている子どもの姿。そんな光景にも秋を感じるようになりました。収穫の秋、スポーツの秋と活動的な秋でもありますね。さつまいも掘り、柿もぎ、どんぐり拾い等、収穫を通じて自然にふれて遊ぶ機会が多くなります。なかよし秋の遠足などで自然を満喫します。『収穫祭』では、多くの野菜や果実が、わが身・わが生命を犠牲にして人の糧としてささげる姿に、心から『ありがとう』『いただきます』の感謝の気持ちを育んで参ります。

 
 

常念寺保育園理念
1.  生命尊重の保育を行おう。
 み仏さまのおまもりを信じて、いつも明るく
2.  正しきを見て、絶えず進む保育を行おう。
 規律ある生活をよろこんで、いつも正しく
3.  良き社会人をつくる保育を行おう。
 おたがいに手をとりあって、いつも仲よく


常念寺保育園保育目標

  • 常に創造的に生きる知性を持つ人
  • 他を思いやる感性を持つ人
  • 前向きな姿勢を崩さず意欲を持つ人
  • 仏の救いを信じて、自発的に念仏の申せる人
  • になることを目標とします。


保育の目標に沿った保育内容、そして樹木があり花が咲き、鳥や蝶が舞う、満ちあふれた自然の中で現在を最もよく生き、未来をつくり出す力の基礎を培わせてまいります。そして子どもがすこやかに成長し、その活動がより豊に展開される為の援助をして参ります。


10月のお言葉

『同事協力(どうじきょうりょく) 』
*お互いに助け合おう

ひとりではできないことでも、ふたりならできる。ふたりでできないことでも、大勢ならできる。みんなで助け合うことによって、思いもかけない大きな仕事ができることを知ってほしいと思います。

グループ遊びを通して、集団で遊ぶ楽しさをたくさん経験させて、さらに思いやりや信頼感を深めていきたいと思います。

人という字は、人と人が助けあい、支え合うことから成り立っています。集団で協力し合い、また楽しく遊ぶことを通して思いやりの心を育て、子どもたちが一段と成長してほしいと思います。




保育園 今月の行事
令和三年 10月の行事
1(金)
朝のお集まり
今月のおほとけさまのお言葉を聞きます。
5(火)
~7(木)
うんどうかい
5日 オープニング 開会式 かけっこ
6日 すくすくゾーン競技
7日 なかよしゾーン競技
今年度力を入れてきた、「運動あそび」を取り入れたうんどうかいを開催します。(園児のみで行います)
8(金)
体操教室
今月は「平均台」を使って体操をします。うまくわたれるかな~?
13(水)
なかよし遠足
かもしかクラブ実地訓練
交通安全のお勉強を行いながら、中央児童館まで歩いていきます。
ツリーハウスにも挑戦してきます!!
14(木)
雨天予備日
10/15(金)
なかよしかい『収穫祭』
収穫の喜びを味わうとともに自然のめぐみのありがたさを体験し、生命の営みや、つながりについて学びます。(今年度は、園児のみでの行事となります)
20(水)
誕生会
おたんじょうびのお友だちをみんなでお祝いします。
21(木)
内科健診(1:00~)
園医(はらだ子ども医院)の先生より、健康診断をしていただきます。
22(金)
体操教室
専任講師による全身の運動遊びです!4.5才児は運動着に着替えて、思いっきり体を動かして遊びます。
26(火)
さくらクッキング「小松菜のまきまきおやつ」
さくらくみが育てた小松菜をワンタンの皮に巻いておやつを作ります。
保育室でホットプレートを使って調理したてをいただきますよ。
28(木)
雨天予備日
10/29(金)
焼き芋大会
収穫祭で堀った「さつまいも」をバーベキューコンロでやきいもにしたいと思います。おいしくできるかな?
11/20
保護者会

※10月の保育行事予定につきましては、今後の新型コロナウイルス感染症の流行等により変更・中止となる場合があります。


常念寺保育園 地域子育て支援センター「るんびにー園」よりお知らせ

るんびにー通信
るんびにー通信 令和三年 10月1日号


【発育測定】
毎月身体測定を行い、大きくなったことを喜び、食育や活動につなげていきます

10月 4日(月)  まつくみ・ばらくみ
10月 6日(水)  さくらくみ
10月 7日(木)  うめ1・2くみ
10月11日(月)  いちご・たんぽぽくみ
10月12日(火)  すみれくみ
10月14日(木)  ももくみ


保育目標

    【いちごくみ・ももくみ】0歳児

  • 一人ひとりの発達に合わせた全身運動を行い、身体を動かす楽しさを感じる。
  • 保育者との心地よいやり取りの中で、人と関わることを楽しむ。
  • 【たんぽぽくみ・すみれくみ】1歳児

  • 運動会ごっこに参加し、友だちと一緒に体を動かすことを楽しみ、健康な体をつくる。
  • 保育者や友だちと一緒に身の回りの事に挑戦してみる。
  • 【うめ1・2くみ】2歳児

  • 全身を使って体を動かし、友だちや保育者と運動会ごっこを楽しむ。
  • 友だちや保育者と言葉のやり取りを盛んにしながら、一緒に好きな遊びを楽しむ。
  • 【さくらくみ】3歳児

  • さつまいも堀りや栽培物の収穫を体験し、実際に食べることで、秋の実りを喜び味わう。
  • 虫探しなど秋の自然に目を向けながら体を動かすことを楽しむ。
  • 【ばらくみ】4歳児

  • リズムのある動きに挑戦し、身体を動かす心地よさを味わう。
  • 友だちと関わって遊ぶことを楽しみ、自分の思いを言葉で伝えたり、相手の気持ちを考える。
  • 【まつくみ】5歳児

  • 秋の虫や色づく草木の様子に気付き、自然に興味や関心を持つ。
  • 寒暖の差や活動に応じた生活の仕方がわかり、進んで行動する。

食事目標

★自然の実りに感謝して、モリモリ食べましょう!★

農園での収穫を通して、自然の恵みに感謝する気持ちをもち、食欲を高め、モリモリ食べましょう。

 食欲の秋も盛り、旬の野菜、果物が店先を彩り、食卓を賑わせてくれるようになりました。その一方で、朝夕、日中の気温差により体調を崩している子ども達がみられます。充分な休養とバランスの良い食事で体力をつけ、実りの秋を満喫しましょう。

 最近、かめない子が増えてきたという報告を、色々なところで聞くことがあります。子どもの咀しゃく能力は、5~12ヶ月で身につき、1才半~2才の間に完成されると言われています。特に1~2才の間には、咀しゃくの練習になるものを食事やおやつに取り入れることが大切です。子どもは、大人が食べている様子を見て、それを真似て様々なことを習得していきます。

 忙しい中ではありますが、はしの正しい持ち方、姿勢や食べ方、口の動かし方やかみ方など、一緒に食事しながら教えてあげる余裕を今月は是非作りたいですね。 食べることの楽しさ、大切さを感じながら、感謝の気持ちを込めて“いただきます!ごちそうさま!”のあいさつが自然と言える子ども達に育ってほしいものです。



 常念寺保育園地域子育て支援センターからのお知らせはこちら

 
     
copyright
園の概要
園の紹介
園の取り組み
特徴ある保育
食事について
今月のお知らせ
子育て支援
フォトアルバム
今年度研究テーマ
常念寺保育園 HOME